James Blackshaw – Confetti

IMG_3726

FOUNDLANDに昨年、一昨年と過去2回出演しているイギリスの12弦ギター奏者James Blackshaw。ここ数年は、アルバム『Love Is The Plan, The Plan Is Death 』、先頃来日したLubomyr Melnykとのコラボレーションやフランス映画『Fantomas』のサウンドトラック&ライブレコーディングなどで、よりコンポジションに重きを置いたスタイルでの活動が目立っていたが、前回来日時のインタビューで話していたポップミュージックへのチャレンジが早くも実を結んだ形の新曲「Confetti」がSoundcloudにて公開されている。

一聴して『Eureka』期のJim O’Rourkeを思わせるようなJames自身のジェントルな歌声とAnnie Nilsonのコーラスワーク、豊かなアレンジに耳を奪われる見事なポップソング。『Fantomas』にも参加していたSimon Scott(Slowdive)、野田薫、フェイバリットに挙げていた森は生きているも日本から参加したニューアルバム『’Summoning Suns』は、Important(日本盤はP-Vineより)より来年2月にリリース予定。
James Blackshawは、2006年に6弦ギターで録音した自主製作のアルバム『Apologia』も先日LP盤でBladud Files!より再リリースしているので、こちらもぜひチェックしてもらいたい。

photo by Ryo Mitamura