Surface Tension

img_8759

テムズ川と並び、古くは水運の中心として多くの船舶が行き交ったロンドンのリー川(River Lee)。その河川の現在の姿を、音と写真で記録するプロジェクト「Surface Tension」が、集大成となるフォトブック+CDをリリースした。プロジェクトの中心は、東ランカシャー出身の作曲家/ライター=ロブ・セントジョ ン。運河ネットワークや生物多様性の保全を目的とする団体Thames21より委託を受けたセントジョンは、昨年8月から9月にかけてリー川全域を歩き、 バイノーラルマイクやハイドロフォンで録音した音を地図上にプロットしたサウンドマップを作成。チェロ/ピアノ奏者ピート・ハーヴェイとの共同で作曲され た本作のサウンドトラックには、川の流音、川辺に集まる野鳥や人々の声などフィールド録音が随所に織り込まれ、さらに、汚染の著しいポイントから採取した 川水に磁気テープを1ヶ月間浸して偶発的な劣化作用を試みたテープ・ループや、pH指数や濁度といった水質データをグラニュラー・シンセシスのパラメー ターに変換したハルモニウムのドローンなど、ユニークな切り口で「川の音」を抽き出している。フォトブックには、マッチ箱製ピンホール・カメラでとらえた 美しい流域風景の写真、プロジェクトの概要とプロセスを収録。

 

Surface Tension
http://www.surfacetension.org.uk/
Sound Map of River Lee
http://surfacetension.org.uk/recordings-and-sound-map/
Rob St. John
http://www.robstjohn.co.uk/

text by Fujii