FOUNDLAND:feat.Cicada

img_0569

 

FOUNDLAND vol.26

ポストクラシカル・シーンに新風を吹き込む台湾の5人組アンサンブルCicadaがflauからリリースした「Ocean」、「Farewell」の2作品を携え初来日。瑞々しく叙情溢れるメロディーとポストロックのダイナミズムが融合した美しいアンサンブルにご期待下さい。

2016.2.28 (sun)
at VACANT(渋谷区神宮前3-20-13)
open/start 16:30/17:00
adv./door 3,500 / 4.000yen (+1D)

出演:
Cicada

予約:右記予約フォームをご利用いただくか、件名を「FOUNDLAND vol.26」とし、
本文に「お名前/人数/希望公演日/ご連絡先」を記入の上、foundlandjp(at)gmail.comまでメールをご送信ください。
自動返信メールの受信をもってご予約とさせていただきます。
3日以内に返信が無かった場合、恐れ入りますが、ご再送をお願いいたします。

主催:FOUNDLAND

プロフィール
Cicada(シカーダ)
2009年の秋、作曲とピアノを担当する江致潔を中心とし、ギター、チェロ、バイオリン、ヴィオラの5名によっ て結成された室内楽アンサンブル。2010年にOlafur Arnaldsのライヴのオープニングアクトとしてでデビュー、アルバム「Pieces」が台湾で大ヒットを記録し、いくつかのリリースと共に瞬く間に台湾で最も勢いのあるアーティストに成長、2015年末flauより台湾の海をテーマとした最新作2作をコンパイルした「Ocean」を発表。2月にCicadaの初期作を再レコーディングしたコンセプトアルバム「Farewell」のリリースと共に初来日。


Save